ジェットストリーム

トランプ大統領と同じボールペンでジェットストリーム・エッジ0.28mm

クロスでジェットストリーム

最近の米国大統領は、多くがクロスという米国筆記具メーカーのボールペンを使用しています。

オバマ元大統領はクロスを代表するタウンゼントで、トランプ大統領はクラシックセンチュリーを改良したセンチュリー2です。センチュリー2はお手頃価格だし、庶民派のトランプ大統領らしい選択肢だと言えるかもしれません。

(ちなみにケネディ元大統領は、モンブランのマイスターシュテュックです)

さてトランプ大統領が使っている替芯やボールペン軸は下記エントリーで紹介していますが、なんと三菱鉛筆ジェットストリーム・エッジ0.28mm替芯の装着に成功しました。

https://mikanyotsuba.com/?p=566/

いかにもケチくさくて庶民的な話ですが、センチュリー2でジェットストリーム0.28mmが使えるのは便利です。

そこで今回は、装着に成功するまでの顛末記を紹介させて頂くことにします。

センチュリー2へのジェットストリーム装着方法

キッカケは些細なことです。

クロスのセンチュリー2という高級ボールペンで、どうしてもゲルインクの替芯が使いにくかったからです。

それで「そもそも一体ボールペン軸のどこで引っかかっているのだろうか?」と、ジェットストリーム替芯を逆向きに装着してみたのです。

すると驚いたことに、ペン先の手前5mmまで替芯後部が届いてしまいました。替芯の金属部分は9mm程度なので、余裕で口金から替芯が出て来るハズです。

クロスでジェットストリーム

暫く悩んだ末に、ようやく次の3点に気がつきました。

  • センチュリー2のペン先は2段でなく3段になっている
  • ジェットストリーム替芯は、実は同じ径ではない
  • 後ろ向き装着だと(2)で、前向きは(3)で引っかかる

つまりどういうことかというと、ジェットストリーム・エッジの0.28mm替芯であれば、先端部分のプラスチックを1-2cmほど削ってやれば良いのです。

そしてボールペン替芯の前端も後端も太さは変わらないように見えるので、ほんの少しだけ削れば大丈夫そうです。さっそく試してみました。

クロスでジェットストリーム

結果は予想通りで、無事にジェットストリーム替芯(0.5mm)をセンチュリー2で使用できるようになりました。

それだけではありません。上記の図で紹介しているのは、Bicボールペン(四色ボールペン)の替芯です。

つまりクロスのセンチュリー2では、多くの油性ボールペンの替芯を利用できるということだったのです。

クロスでBic替芯

つまり油性ボールペンに水性(ゲルインク)ボールペンを互換芯として利用可能にしましたけれども、逆に水性(ゲルインク)ボールペンに油性ボールペン替芯を互換芯として装着可能にしてしまった訳です。

もうこうなると、ボールペン軸に何を使うのかは、完全に「好み」の問題となって来ます。

センチュリー2でジェットストリームを使う理由

さてそれでは、どうして私はゲルインク向けのキャップ式センチュリー2でジェットストリーム・エッジ0.28mm替芯を使っているのでしょうか。

これはトランプ大統領に心酔しているという理由ではありません。そもそもキャップ式センチュリー2を偶然手に入れた後に、初めてトランプ大統領が使用者だと知ったくらいです。

私がセンチュリー2を使用するのは、重量バランスなども去ることながら、”キャップ式” だからです。

最近では胸ポケットカバーのおかげでYシャツを台無しにするトラブルは減りましたけれども、ツイスト式だと替芯を収納することを忘れて、Yシャツに線を引いてしまう危険があります。

その点、キャップ式はペン先トラブルは皆無です。何しろキャップで保護する訳ですから。

だから今までの私はキャップ式ボールペンとして、モンブランのジェネレーションというものを持ち歩いてしまいました。が、面目ないことに、最近は行方不明となっています。

それで本来や油性ボールペン替芯用に開発されたツイスト式ボールペンに、シグノ307やSARASAを装着していた訳です。だからキャップの扱いが面倒だとはいえ、キャップ式ボールペンは貴重な戦力となります。

だからキャップ式のセンチュリー2を、何とかして使えないかと暗中模索していた訳です。

クロスでジェットストリーム

おまけにキャップ式は、ノック式のように「カチカチ」という音は出ません。会議中(最近はビデオ会議)中でも、人目を引くことなく使用できます。

それにボール径が0.28mmだと、小さな文字を書きやすいです。おまけに油性インクということもあり、「クッキリ・ハッキリ」です。英文翻訳で脚注を入れたりする時に、大変に役立ってくれます。

現在は在宅勤務のご時世なのでモンブランのスターウォーカーが便利ですけれども、外出時にはキャップがあると便利です。

価格もそれなりにお手頃であるし、クロスのセンチュリー2というのは悪くないチョイスだと思います。

まとめ

と、いう訳で、なんとキャップ式ボールペンのセンチュリー2に、ジェットストリーム・エッジ0.28mm装着することに成功しました。

今のところ使い心地は上々で、仕事の効率が大きくアップしています。

筆記具というのは仕事をするための道具に過ぎませんけれども、それが快適に使えた方が望ましいのは確かです。

「ありがとう。これでまた僕は、ちゃんと戦える」というところでしょうか。

それでは今回は、この辺で。ではまた。

———————————-
記事作成:四葉静